MT4のEAで自動売買を始めるサラリーマン日記

MT4は高性能取引のツールで利便性が高いです

MT4のEAで自動売買を始めるサラリーマン日記

 

通貨取引等を行う時に、相性の良い取引ツールを見つける事は重要であり、取引ツールが使いにくいと取引にも影響がありますし、国内の業者を使う時には業者選択によって取引で使われるツールが違いますし、業者変更した時に慣れるまでに時間がかかるものです。MT4は海外では世界で標準の取引ツールと認知されていて、このツールを活用出来ると業者を変えてもすぐに対応出来ますし、取引方法も独自プログラムで自動売買する事も可能であり、相場の瞬間毎に判断する裁量トレードも行う事が出来ます。

 

国内でもMT4を使う方も多く、海外で誕生したツールですが日本語での使い方等の情報が充実していますし、国内に居ながら海外業者の口座を開いて取引を行う時に、MT4を使えるとスムーズに入っていく事が出来るものです。自動売買や裁量取引が出来るというだけはなく、チャートを分析する事にも利点があり、様々な点からも金融取引を行う時に利便性が高い高性能取引ツールと言えます。

 

MT4は無料で手に入れる事も出来ますし、MT4を動かすプログラムには無料提供のものもあれば、熟練のトレーダーが作り上げた有料のものもあり、取引で伸び悩んでいる場合にこうしたツールを活用していくと、新しい発想や着眼点に気が付く事もありますし、有料のものだから優秀というわけではなく、相性の問題もありますから色々と試してみて判断すると良いでしょう。

 

利益を生み出す勝ちパターンを見つける事で継続的に勝てる可能性も広がりますし、裁量トレードでは信じた手法を途中で切り崩してルールを変えてしまうという方も多く、そうする事でトータル収支でマイナスになっている場合もあります。決めたルールで取引する事は難しく、どうしても感情の動きで取引をしてしまい、結果が出ないという事もあり、そういう方にはMT4の自動売買を活用して取引を行うと、決めたルールで取引を行えますし、プラス収支に結びつく可能性もあるでしょう。

 

 

MT4のおかげでFXへの取り組み方が変わりました

MT4のEAで自動売買を始めるサラリーマン日記

 

3年前からMT4 FXを手がけています。最初の2年間はなかなか勝てず、収支トントンの状態でした。かなり本気で取り組んでいたこともあって、時間は相当にかかっていました。極論をすれば、自分の自由な時間の大半をFXトレードにつぎ込んでいたといっても過言ではありません。なんとか、FXで安定して稼げるようになりたいと切望していた私が出会ったものが、MT4なのです。

 

まず驚いたのが、チャート分析が飛躍的に楽になったという点です。FXをするにあたっては、チャート分析が大前提ですが、MT4ですと、多彩なテクニカル分析が可能で、チャートの描写速度がはやく、複数のチャートを一覧表示できるなど、多くのメリットを持っているのです。実際にMT4を使用して、FXトレードが淡々とストレスなく進められるようになったのが、私にとっての一番の収穫かもしれません。

 

とにかく、自分が決めたルールに従って自動的にシグナルを送ってくれますので、判断ミスが激減したのです。それまでは、自分勝手な相場観や思い入れ、勝手な憶測などがトレードに入り込んできて、失敗を繰り返すことが多々ありました。MT4を取り入れてからは、システムトレードの流れで進めていますので、チャンスを見逃すこともなく、セオリー通りの取引に徹するようになりました。

 

ですから、収益が格段に向上したのはもちろん、FXへの投入時間が激減してきたのです。自分の時間が取り戻せましたので、好きな映画をDVDで見る楽しみも満喫できるようになりました。振り返りますと、MT4に出会うまで、かなり遠回りをしていたものです。MT4のおかげで、私のFXは質的に大きくプラスに変容しました。これほど魅力に富んでいるからこそ、世界中のプロトレーダーも愛用するほど、広く使われているのしょう。こんな秀逸なMT4が完全無料で提供されているのですから、使わない人は本当に損をしていることになります。

 

 

MT4を使ってみた

MT4のEAで自動売買を始めるサラリーマン日記

 

日本経済が長い低迷の時代から脱しようとしています。こうした状況を背景として、日本国内でも多くの人が金融商品に興味を持ち、売買が活性化してきています。中でも、近年あらゆる世代の人から支持されている金融商品がFXです。FXとは、外国為替証拠金取引のことを指し、2カ国間の通貨を売買することで、利益を上げることのできる商品なのです。私自身も数年前からFXを始めた一人です。

 

システムはシンプルで、為替レートの差額や金利差で利益を上げることができるのですが、最も重要なのが売買のタイミングなのです。このタイミングを逃さないために最も重要なツールと言えるのが、FXチャートです。言い換えれば、良いFXチャートなしに、利益を上げることは不可能だと言えるほどなのです。そんな時に巡り合ったのが、MT4と呼ばれるチャートソフトです。MT4の特徴は、超高機能で主要なテクニカル分析やチャートツールを装備しており、自分なりの分析をすることができます。

 

さらに、チャートを見ながらその場で簡単に注文することもでき、使い勝手の良いチャートだと言えます。特に、MT4にある自動売買機能が優れており、順調に良い成績を上げてくれます。つまり、自己判断での売買では、感情や思い込みが入ることがあり、それが判断を鈍らせることがしばしばあります。私自身も、こうした失敗を何度も積み重ねた結果、自動売買にたどり着いたと言えるのです。

 

このように、様々な良い機能を持ったMT4ですが、その利用料は無料なのです。誰でも簡単にインストールすることができ、すぐにFXを始めることが可能です。しかしながら、インストール後すぐに取引を開始することは、あまり賢明ではありません。MT4では、初心者のためにデモトレードも用意されているため、まずはデモトレードから開始し、どのような手法で取引するのが自分に合っているのか判断することが重要です。

 

 

ドルを押し目買いできたかどうかがターニングポイント

MT4のEAで自動売買を始めるサラリーマン日記

 

アベノミクスはFXに打ってつけのレートという気がします。以前のように無謀に押し目買いをしていたときであれば、大儲けできた可能性があります。賭けで買いを入れてレートが上がる、利益が出たらさらに買いを入れて建玉を増やす、以前使っていた口座はレバレッジ数百倍だから、かなり大儲けできた可能性があったといえます。通貨の中で関心があったのはポンドで大きな値動きに関心があったから、アベノミクスであってもポンドに注目してポンドしか取引しないかもしれません。ところが、雑誌、新聞で対ドルレートのことが再三記事になっているから、ドルをやっていたかもしれません。

 

ポンドに賭けていたように、ドルに対して賭けていたら。80円台でドル買い、81円になったときに利益で押し目買い、その繰り返しで現在は120円までなっているから、約1年ぐらいで億万長者になっていたかもしれません。いまごろ、高い賃貸のアパートで悠々自適な暮らしをしていて、職歴に気を使わなくても事業を起こしていてキャリアが成り立っていたはずです。アベノミクスがほとんど終了していて124円の現在は、わかづらいとしか言い様がありません。上がるか下がるかわからないのです。ユーロもポンドも明らかにはわからないです。だから、大儲けしていてもこれから負けていくトレーダーが増えると予測しています。逆に勝ち逃げすれば、FXではずっと勝ち組になれます。

 

知識が身に付いて無謀な押し目買いはなるべくしなくなりレバレッジが低くなり、負けなくなっていますが、それ以上に相場環境が現在どうなっているかのほうが利益の出しやすさに関係します。円高、円安がわかりづらい現在は、休むも相場という格言のとおり、休んでいるほうがプラスになることがありえます。でも、あえて休むことをすすめるわけではなく、FXはトレーダーが多いほうが活況になるし、値動きしなければ成り立たないためです。ずっと横ばいのレートではなく、上げ下げしているほうがトレーダーは稼ぎやすいです。

 

 

テクニカルをインプットしていって手法が蓄積

MT4のEAで自動売買を始めるサラリーマン日記

 

形が逆三尊になっている、そして買いを入れる、下がる、損失確定。しかし損失確定が早すぎた、ぜんぜん値が変わっていない、そこで損失にする必要があるのかどうか疑問に思いつつも、気持ちがすっきりします。いろんなテクニカルをインプットしていても、結局のところどっちへ行くかはわからないし、外れるときがあります。まだ理解していないテクニカルもあり、MACDは何なのかいまいち理解できないものです。役立てることができるのかどうか不明点になっています。

 

わかりやすいところで移動平均線やボリンジャーバンド、これらはチャートの中にあるけれど、あまり重要視せずに取引しています。さきほどの三尊は割りと有名ではないかと思います。しかし、相場の状況に応じて取引する必要があり、三尊だからどうなるという確証があるわけではありません。まだまだきっと知らないたくさんのFXの用語や取引手法があるはずですが、それを詰め込み学習するのではなく、取引しながらインプットしています。しかし、情報商材がいたるところで販売されているように、それらを買って自分の戦略にしていくことができればそのほうが時短になるかもしれません。

 

実際、怪しい情報商材が多いなかで、これ欲しいと思ったFXの本はあります。購入しようかなと考え中です。値段は2,000円程度で安いし、返品OKと話しているし、失敗はないと思います。それでいろいろ取引のことがわかったら、儲けものです。勝てるとは限らないとは言っていますが、内容の概略を聞いていると、自らFXトレーダーで身に付いたことが書いてあって、だいたい勝っているトレーダーが考えている手法というものに近いものを自分は持っていると感じます。まったく同じではないとは思いますが、かなり似通った取引の仕方をしています。これを学べば負ける事はないと言っていますが、自分は負けにくくなっているから、自分でトレードして学ぶか、本を買うかです。

海外旅行に行く事を希望している親戚にFXをおすすめしたい理由

 

私の親戚の1人は、夢を持っています。海外旅行ですね。親戚は、生まれてから一度も海外に行ったことがありません。ずっと日本で過ごしてきているので、最近はちょっと刺激を求めています。それで海外に行きたいと考えているのですが、もちろんその目的のためにはお金が必要ですね。少なくとも無料で海外に行くのは難しいでしょう。ところで親戚は、その資金の捻出をどうしようか色々考えています。最初の内は、アルバイトを考えていたようなのですね。それでお金を確保しようと思っていたのですが、残念ながらそれを断念せざるを得なくなりました。理由は年齢です。

 

現在の日本の多くの企業では、ちょっと年齢が高めな方は難しいようですね。親戚は65歳以上になっているので、なかなか雇用が厳しい状況だそうです。ところで私が、親戚はFXを始めた方が良いと思うのです。それには主に2つの理由があります。まず資金的なメリットですね。私はFXという商品は、やり方次第では稼げるものだと考えています。かなりの勉強は必要になるのですが、それさえ怠らなければ基本的には稼げる商品なのですね。もっとも親戚の場合は、まず損切りの概念を覚えるのが一番大切だと思うのですが。欲を出してしまうと大きな損が発生する金融商品なので、まずそれを一番最初に勉強するべきだと思います。

 

つまり稼ぐ効率が良いという理由で、親戚にはFXがおすすめなのですね。それともう一つの理由は、年齢です。この金融商品は、年齢が65歳以上の方でも申込は一応可能です。中には不可能な金融会社も見られるのですが、数は今のところ少なめですね。そして親戚は、頭はしっかりしていると思います。年齢が高めな方でも、頭がしっかりしている方の場合、口座を作れるケースが非常に多いのですね。ですので親戚の場合は、恐らく問題無く口座を作る事ができると考えます。

 

それで親戚がお金を稼げば、海外旅行に行く事もできるのではないでしょうか。ですので私としては、親戚にはぜひこの商品をおすすめしたいですね。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:09:27

外国為替証拠金取引と株取引の違いを理解する。

 

投資というものに、これが一番だ、と言い切れるものはないと言えます。どの投資でも、法的に問題がないのであれば、それはいい投資と言える。ただ、これは人によって価値観が違いますから、当然のことですが、好みも違ってくるものです。その投資のメリットに共感できれば、それを始めればいい。ただ、誰が考えてもこのメリットは美味しい、と思えるような投資もあるのは確かです。たとえば、FX。今はものすごい人気ですね。その人気の理由は、おそらく他にはないような利点が詰まっているからなのでしょう。

 

FX取引で利益を出す方法は、簡単に言ってしまえば、通貨が安いときに買って、高くなったら売る、これなのですね。通貨はいつも変動していますから、それを見越して手を打つ。これがFX取引の醍醐味です。ようするに売買のタイミングですね、これが大切。なんか株取引に似てるじゃないか、と思われるかもしれませんが、FX取引には株取引にはないメリットも多く存在するのです。たとえば、株は安いときに買って高いときに売る、これが常識ですね。いや、常識というよりも、こうするしか利益を出すことができない。

 

ですから、もしも株価が果てしなく下がり、上がる兆しがまったく見えないとき、売買のチャンスが失われ、利益を出すことができませんね。こうなったら、もう、お手上げです。これは株取引のデメリットに相当するのではないでしょうか。だけど、FX取引違います。世の中で為替が変動している限り、いつでも利益を出すことができるのですね。ここが株取引と大きく違う点です。

 

さらに株には膨大な銘柄が存在しています。その星の数ほどある株の中から選ばないといけない。それも有望な株を見つけなければならないのですから大変です。でも、FXの場合は主要通貨は限られていますから、選ぶのも比較的にラクですね。なんだか株取引の難しいところばかりを述べてしまったけれど、これはなにもFX取引が株取引よりも勝っているというわけではありません。株は昔から人気の投資ですから、その魅力は計り知れませんね。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:08:27

円高円安は、FX取引を始めるには初歩的な知識。

 

よく海外旅行などへ出かける方にとっては、円高円安という現象はもっとも気になることでしょうね。特に海外でショッピングが目的だという人にとっては、この現象は常に把握しておきたいものとなります。だって、お目当ての商品が安く買えるかどうかの、大きな問題ですから。でも、そうでない方にとってはあまり興味がない。毎日のようにテレビのニュースで円高だ、円安だ、といわれても、ああ、そうなのか、と聞き流すだけ。それは自分にとってたいした利がないからなのでしょう。人間というものは現金なものですからね。

 

知っているようで知らなかった円高円安。たとえば、FX取引に夢中の方にとっては、これは一般常識となっているのですね。これを知らないと、取引にも大きな障害が出てくる。だから基本的な常識として知っているのです。簡単に言えば、この円高円安というのは、円の価値が高いか安いかを表す言葉。ショッピングを例にとれば、昨日、1ドル100円で買えた商品が、今日は130円になってしまった、なんていうことが円安ドル高の典型的なものなのですね。

 

これとは逆に、1ドル130円だったのが、いきなり1ドル100円になった、この場合は円高ドル安ですね。簡単です。それじゃ、この円高円安という現象はどうして起こるのか、という話。これにはいろいろと要因があるのです。まあ、はっきりと言い切ることは難しいのですが、こうした通貨の価値の変動というものは、その国々に事情がある、ということ。さまざまなニュース、事件、事故なども原因の一つと言えるでしょう。

 

あたりまえのことなのですが、こうした通貨の価値の変動というものは、なにも日本とアメリカあたりだけで起こってるわけではありませんね。ユーロやオーストラリアドルなども同じことが言えます。FX取引を真剣に始めるには、そういう知識から学ぶ必要があります。でも、学者のように専門的に勉強する必要はありません。最小限の知識は欲しいところ。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:08:27

初めてのFX取引では、初期投資は低く抑えたいもの。

 

お金が欲しいと思うのは、人間誰しも同じもので、どうにかこれを稼ぎ出そうとするものです。働くという行為も、その根源にはこの欲求があるからではないでしょうか。世の中、お金はあるに越したことはないのですね。有名な詩人も言ってます。しかし、今の社会では、いくらお金を稼ぎ出そうと努力しても、なかなか実を結ばないのが虚しいところ。まあ、景気というものがあまり良くないこともありますが、社会自体が元気がない。そう思いませんか。個人ではどうすることもできませんがね。

 

そこで注目されるのが投資というもの。これは昔から人気もあり、多くの人が手を出しています。ただ、投資というとすぐに思いつくのが株取引や先物取引ではないでしょうか。株はある程度社会というものを経験してきて、比較的、生活にも余裕がある人がやってますね。株取引にしろ、先物取引にしろ、これを始めるにはけっこうまとまったお金と、知識、経験が不可欠になります。リスクもかなり大きい。でも、それが投資と言うものの醍醐味だったのではないでしょうか。今の時代では、手軽に始めるのは難しいかもしれませんが。

 

今、投資でもっとも注目されているのがFX取引というものです。なぜこれほどまでに人気なのかと言えば、そこには多くの理由があるのですね。このFX取引にはレバレッジという仕組みがあります。それは小額の投資でも大きな取引に望むことができ、そして大きな利益を生むことができる。なんか一種のギャンブルみたいに感じますが、これがFX取引の最大とも言える魅力であることは確かです。また、他のどんな金融商品、株や先物とも大きく違うところ。ようするに、まとまったお金がなくても大儲けできる可能性を秘めているということ。

 

それでは、小額の投資というのはいったいいくらからできるのでしょうか。これは各取引業者によって違いが出てきますが、だいたい1万円もあれば取引はできるでしょう。そして、FX取引のレバレッジというものは、最高25倍までになっています。やっぱり初めてのFX取引では、初期投資は低く抑えたいものですからね。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:08:27

FXは24時間できる取引でも、自分ルールは守るのが鉄則。

 

人は環境によって大きく影響されるもので、これは仕方のないことなのですね。たとえば、いいところを言えば、自由な環境で育てば、のびのびと明るい人格ができあがる。一方、悪いところをあげるなら、ノンベンダラリと締まりのない人間に育ってしまう。まあ、一概には言えることじゃないけれど、そういうこともあるものです。自由というのは、喜ばしいばかりのように思えますが、自分を律する心がなければ、ただ野放しにされているようなもの。あまり表現がよくありませんが。ここで考えたいことは、自分のルールというものを作り、それを頑なに守るという姿勢ですね。それがあれば自由は活きるってものです。

 

今、かなりの人気を誇るFXという投資があります。どうしてこれほどの人気が出たのか、その理由を考えたとき、FX取引には他の金融商品と比べて多くのメリットがあることに気づく。たくさんあるのですが、その中で特に注目されているのが、24時間いつでも取引が可能だという利点があること。これは株取引などにはないものです。24時間いつでも取引できるということは、四六時中できるということですから、忙しい人にはもってこいの取引となる。大きなメリットですね。自分の好きな時間、空いたわずかな時間にできるんですから。これこそ、時間にとらわれない、自由な取引と言える。しかし、ここでも自由という言葉が、どうも引っかかるのです。

 

人は環境に影響されやすいですから、自由な時間を与えられると、自分を鼓舞することが難しくなる。どんなに意志の強い人でも、慣れというものは恐ろしいものなのですね。ついつい、ダラダラとしてしまう。よく子どもが夏休みの宿題を先延ばしにして、休みの最終日に慌てることがありますが、なんかあの状態に似ていますね。だから、FXをやるときには、あらかじめ自分でルールを決めて、それを貫くことが肝心になる。自分で取引をする時間を決めたら、必ず実行すること。そして、お金もそうです。これ以上歯やらない、そういう強い心が大切なのです。

続きを読む≫ 2015/11/27 11:08:27

FX歴一ヶ月弱!やってみた感想と体験談!

 

日頃の空いた時間を有効活用できないかと考え始めたのがFXでした。周りにFXをやっている人は少なかったため、まず書店で見つけた一番やさしいFXという参考書を購入しました。軽い気持ちで読み始めたのですが中々内容はすぐに理解できるものでもなく悪戦苦闘しながらゆっくり読み進め、何日かかかり一通り読むことができました。ここからどうしようかと迷う中、まずFXを始める会社を探さなければ!と本に記載されているオススメのFX会社からサイバーエージェント社がやっているYJFXを選ぶことにしました。

 

YJFXに決めた理由はTポイントが貯めることができ今現在でまだ数少ないアプリでも使用可能ということでした。そこからネットで手続きをし始める環境を整え、手始めに入金最低ラインの5000円からスタートすることに。たくさんの通貨のペアから比較的相場が安定しリスクオフのドル円ペアで取引開始しました。先にFXデモ体験はしたものの最初の第一歩はビビッてじーっとチャートを見てるだけで、手を出せません。

 

もう一度本を開きどんなチャートの動きに買うか売るか参考にし、チャートが下がった所でドル買いで入れました。ちょっとでも利益が出たら売ると念じながら動きを見ていました。そんな思惑とは関係なく相場は下がる傾向になり本で読んだ損が大きくなる前に損切りをする!を思い出しひとまずマイナスになりましたがポジションを売り初めの取引を終えました。
そこから自分に合った取引方法見つけるべく試行錯誤をしながら一ヶ月程FXを続けています。一ヶ月の収支は5000円程度の損失です。

 

始めた当初、大きな利益損失が出るんじゃないかと楽しみと不安混じりでしたが、やるにつれ自分のタイムスケジュール、性格に合った取引方法を見つけれてチャートを見る楽しみが増えたことと損は最小限に抑えると意識していればさほど大きな損失は無かったと思います。人に合ったやり方を見つければどんな人でも続けて人によってはトレーダーという者になれるのではとこの一ヶ月で気付きました。お金の動きも学べて個人的にやってよかったなと思います。

 

続きを読む≫ 2015/11/27 11:07:27

外国為替証拠金取引は、誰にでも優しい投資と言える。

 

極端な物言いになりますが、もう、年金なんてあてにならない時代になりました。これはこれで憤りはごもっともなんですが、どうあがいてもどうすることもできないのも事実でございます。せっかく若いうちからかけてきたのに、と嘆いている間にも時間は過ぎております。ここでちょっと頭の切り替えも必要なんですね。もしかしたら、こういう疑問そのものが、新しいなにかへの出発の動機になるのかもしれません。

 

そこで提案したいのは、投資というもの。もう、かなりの方がこれを始められてる。たとえば、株や先物なんていうものも、けっこう昔からやられてる方も多いですね。上手くいってる人はホクホクです。でも、最近はもっと手軽に、もっと簡単に、この投資というものを考えられてるようです。人気の投資といいますと、FX取引ですね。外国為替証拠金取引というヤツでございます。

 

分かりやすく言いますと、世界中の通貨をターゲットとした取引で、たとえば異なる二種類の通貨を売ったり買ったりして利益を出して行く、そんな投資法なんでございます。もちろん、いくら人気だとは言いましても、これで必ず儲かるという確証はない。あたりまえのことなんですが、リスクもあるんですね。ただ、確実に言えることは、株や先物などに比べますと、そのリスクは低く、資金もかなり安くできるところが人気の秘密なんでしょう。でも、少ない資金といいましても、レバレッジというものを効かせれば、大きな取引ができて、それで大儲けということも充分に考えられる。これが魅力でございます。

 

FX取引の利点は一つや二つじゃないんですが、大きな魅力は、24時間いつでも取引ができるってことではないでしょうか。これは忙しい人には嬉しいメリットとなる。毎日忙しなく働いてるビジネスマンの方には最適な投資と言えますね。まあ、家事や育児に追われてる専業主婦の方にもおすすめでございます。なんと言っても少ない資金ではじめられるんですから、言ってみれば誰にでもできる取引と言える。ここがすごいんですね。

 

誰にでもできる投資ってのは、なかなかいいものですね。たとえば学生さんなら、大学の学費をこれで稼いじゃう。まあ、学費だけじゃなくて、お小遣いも。実際、そういう方もいらっしゃるんですから。専業主婦の方なら、ヘソクリですね。これを溜め込む。FXは誰にでも優しい投資。きっとそのうち、あらためて思うのでしょうね。

続きを読む≫ 2015/11/17 13:09:17

外国為替証拠金取引は、今、ものすごい勢いで伸びてる。

 

世の中にはいろんなおもしろいことがあるとも言えるわけで、それはたとえば投資というものを考えた場合にも言えることでございます。昔から多くの方々が夢中になってる投資と言えば、株取引などですね。これはもう、不滅の人気と言える。ただ、問題がないわけじゃございません。いろいろと見てみますと、株取引にもかなりのリスクやデメリットはあげられるんですね。たとえば、資金や取引時間というもの。考えてみますと、これはけっこうハードルの高い投資と言えそうです。

 

しかし、よくよく考えると、これまで株取引をされてきた方々は、そういうことを含めて、利益というものを出してきたんですね。だから、それが当然なのだと思ってるのかもしれません。でも、時代は常に変化してるんです。近年、この投資にもちょっと違ったタイプのものが登場してまいりました。それがFX取引、外国為替証拠金取引と言われるものなんですね。これがものすご勢いで伸びてる。

 

このFX取引の良さっていうものを考えてみますと、実にたくさんあげることができる。中でも大きな魅力をあげるならば、FX取引は世界中の通貨をターゲットにしてますので、世界のどこかでいつでも取引がされてる。だから、24時間いつでもできるってことなんです。また、取引はインターネット上で行なわれてるため、ネット環境さえ整ってれば、誰にでもすぐに取引ができるってこと。取引の仕組みも簡単でございますからね。

 

見逃せないのは、レバレッジ効果というものでございます。これはテコの原理を意味したもので、たとえ少ない資金を証拠金としても、レバレッジ効果で大きな取引もできるんです。レバレッジは最高25倍まで効かせることが可能。たとえば、10万円を証拠金として、レバレッジを25倍に効かせれば、250万円の取引ができるってことです。これはもう、FXの醍醐味と言っても、けっして言い過ぎじゃございません。

 

また、FX取引と似たようなもので外貨預金というものがございます。この外貨預金には手数料というものが発生いたしますが、FX取引ではこの手数料が実に安いんですね。約十分の一とも言われております。FX取引は手が出しやすい。本当です。これでかなり頭の中はすっきりしたはず。しかし、やっぱりお金のことでございますから、最終的にはご自分で判断されることでございます。

続きを読む≫ 2015/11/17 13:09:17

ADP雇用統計やISM非製造業景況指数発表時はチャートが変化しやすい

 

毎月の中で大きく動く指標はいくつかありますが、その中でも雇用統計前後の日は注意が必要です。雇用統計というと毎月第一金曜日の日本時間の夜に発表される経済指標で世界中の人が注目しますが、その2日前にADP社が発表するADP雇用統計というのがアメリカの夏時間だと日本の夜9時すぎに発表されます。民間会社が発表するのでそれほど重要視されてないと思われがちですが、最近の傾向だと結果次第では急激に動くときがあります。アメリカの指標なので米ドルがメインですがユーロも釣られて動いてきます。

 

ADP雇用統計の30分ぐらい前に要人がコメントすることもあり、そのときの内容によってもチャートが大きく動き出します。円高になると思いきや急に円安に動くこともあるので、要人発言が行われるときはリアルタイムでチェックしておくと良いです。ADP社というのは給与計算代行会社で全米約50万社4000万人の顧客のデータを扱っています。それだけに先行きを予測できる指標として注目を集めています。米政府の発表する雇用統計とは違うので軽く見られがちですが、場合によってはFX市場にかなり影響することもあるため覚えておくと良いと思います。

 

ADP雇用統計の日はその後立て続けに経済指標が発表されることもあるので、日本時間の日付が変わる頃までは気が抜けない展開が続きます。貿易収支やISM非製造業景況指数も同日に行われることもあるため、チャートの5分足や10分足で見ると長いローソク足になることもあります。貿易収支は経常収支の悪化していく度合いがわかるため、経済指標の中でも比較的重要度が高いです。ISM非製造業景況指数のISMとは全米供給管理協会の略です。どういう指標かといえば製造業の購買担当者役員にアンケートを取った結果を元に前月と比較して3択で答えてもらい加重平均した指数です。

 

ADP雇用統計と同様に注目度の高い指標なので甘くみない方がいいと思います。場合によってはチャートが動き出してから方向性を見極めて投資した方が安心です。

続きを読む≫ 2015/11/17 13:08:17