利用する前にカードローンの金利は必ずチェック

金利は、基本的には年率で1年間お金を借りた時に生じる利息の割合を表しています。例えば金利18%で10万円借りたとしたら、100,000×18%=18,000円の利息を支払う必要があります。利息は借入額に金利をかけて計算するので、金利が安ければ利息は安く抑えられます。低金利カードローンの究極はどれ?)なので、カードローンを利用する時には必ずチェックしておくことが必要です。カードローンの審査では必ず審査が行われ、そこで融資の可否、利用者に設定する利率、利用限度額などが決められます。各カードローン会社で利率には幅があり、例えば4.6〜18%などなっています。この間のどの割合が適用されるかは、審査を受けてみないとわかりません。そのため、まずは上限金利を見ることが大切です。この場合はつまり4.6%ではなく18%を見るということです。基本的には上限金利が設定されると考えて、各会社を比較するようにしましょう。

一般的には銀行の方が低く、消費者金融の方が高く設定されています。低い方が何かと有利なように思えますが、上限金利が低いと審査が厳しくなる傾向があります。消費者金融よりも銀行のカードローンの方が審査が厳しいと言われているのは、そのためです。利息の負担をなくしたいのであれば、一定期間利息が発生しない無利息サービスを実施している業者を選ぶといいです。無利息期間中に借入額を全て返済してしまえば、利息ゼロでお金を借りることができます。短期間で必ず返せるという人は、無利息サービスを利用するといいでしょう。ただし、ほとんどの業者で初めての契約時の時のみしか使えないようになっていますし、1日でも過ぎてしまうと利息が発生するのでいつまでに返せばいいのかちゃんとチェックしておきましょう。無利息サービスを活用すれば、場合によっては1万円以上節約することもできます。生活費が足りないので少しだけ借りたい、というようなピンチの時に役立ってくれます。