モナコインはコミュニティが熱い仮想通貨である

モナコインは2チャンネルから生まれた仮想通貨であり、投げ銭の文化がある面白いコインだ。開発者はワタナベ氏という人物でライトコインをモデルにして開発された仮想通貨です。ある一定層のファンがおり、Ask Monaなどの掲示板でユーザー同士の会話が飛び交っています。

ビットコインとの違いは?

技術面では送金スピードの違いがあります。ビットコインは送金に最低でも10分以上かかりますが、モナコインは90秒ほどで送金が完了します。発行上限枚数は1億512万枚でビットコインの5倍あります。

モチーフと2チャンネル発祥で成功した?

モナコインは一時期2000円を超える価格が付きました。日本国産ということもあり、日本人に多く買われたモナコインはある意味信用があったのでしょう。イーサリアムやリップルなどは複雑なシステムが組まれていますが、モナコインはシンプルにできているので分かりやすいというメリットがあります。

今後は?

秋葉原の店舗で使えるお店を増やしたり、コミケでもっと使えるようになれば爆発的に価値はあがることが予測できます。