モナコインを買うならどこの取引所にする?

仮想通貨について色々と調べてきましたが、まだ基礎知識が付いただけであり、実際の取引はしてみないとわからないことがいっぱいあります。いざモナコインを購入しようと思ってもどこの取引所で買うのがよいのかわかりませんでした。主に3つの取引所で比較・検討してみました。

bitFlyerでのモナコイン購入

bitFlyerはスマホアプリが使いやすく、誰でも簡単にモナコインやビットコインを買うことができるのが最大のメリットです。しかしビットコイン以外の購入は手数料が高く、あまりお得ではありません。少量だけ買うならそこまで気にすることはないけど、10万円分など金額が上げて買いたくなったら他の取引所で購入した方が手数料が安くなります。bitFlyer自体はとても良い取引所であり、将来性がある会社です。今後アルトコインの手数料を安く設定してもらえば無双状態になること間違いなし。

Zaifでモナコイン購入

Zaifは手数料が安くことで支持を得ています。bitFlyerの逆を突いたのか、アプリがあまり使いやすくはありません。慣れれば苦にはなりませんが、毎回ログインパスワードを入力するのはとても面倒です。セキュリティ面を考えてなのか、この仕様はちょっとな、というところです。モナコイン購入に関しては板での売買ができるので、手数料を抑えての取引が可能です。国内ではZaifからモナコイン売買がスタートしたので、多くのファンはZaif固定で買ってる可能性が非常に高いです。取引量も多く約定しやすいのも特徴のひとつです。

bitbankでモナコイン購入

bitbankは専用アプリがありませんがスマートフォンからでも簡単にモナコインを売買することが可能です。bitbankはなぜかイーサリアムとライトコインがBTC建てでないと買えないのが残念なポイントです。モナコイン購入はZaifと同じく板で買えますので、手数料は安く抑えられます。ではZaifとbitbankどちらで買った方がよいか?となりますが、これはその時に両方の価格を見比べるしかありません。その瞬間によってZaifの方が安かったり、bitbankが最安になったりしています。

まとめ

国内の主要モナコイン取引所を紹介しましが、いかがだったでしょうか。どこの取引所にもメリットはあります。できればひとつずつ実際に使用してみて自分に合うところを探すのが一番です。そこまでやるのが面倒な方はシンプルなbitFlyerでも十分な取引ができます。個人的には色々な取引所を体験することで発見が色々とあるのでおすすめしたいところです。