モナコインの換金方法について説明するぞ

換金・現金化する方法

今回説明するのはモナコインに限らず、仮想通貨全般で出来る方法なので覚えておいて欲しい。

とはいえ既に仮想通貨取引所のアカウントを持っている人はだいたいわかっているだろう。流れとしては取引所のアカウントを作り、モナコインを保存しているウォレットから取引所のウォレットに送金をする。最後に売却し、日本円に換金できれば個人の口座に振り込んでもらうだけの単純作業である。このあたりの細かい解説は仮想通貨ドリームというブログのモナコインの換金、現金化を分かりやすく解説している記事を参考にして欲しい。ググって調べて一番分かりやすかったからである。

おそらく、換金方法が知りたい方はまだ仮想通貨取引をしていない方か、マイニング等でモナコインを受け取った方が換金方法を知りたいのでしょう。

取引所で売るのと販売所で売るときの注意!

取引所といっても2つの窓口があるので注意して欲しい。板で取引が可能な取引所と呼ばれているところと、ZaifであればZaifに売る販売所の2つである。基本的には板の方が手数料が安いため、大量に売買したいのであればユーザー同士で売買できる板がおすすめです。

では販売所になんのメリットがあるかというと、すぐに買えていつでも売れるというメリットがある。板が手数料が安いからといっても約定しない限り価格は動いています。相場から離れた価格で注文を出すと場合によっては約定しません。

このデメリットがないのが販売所なのです。特に急騰・暴落時には販売所での売買も選択にいれないといけません。取引所によってはモナコインが販売所でしか買えいないbitFlyerのようなタイプかもしれませんので、事前に調べておく必要があります。

まとめ

モナコインはいつ売っていいのか?これが初心者~中級者までずっとある悩みであろう。時には上級者でも、あとから考えれば売るタイミングを失敗することだってあります。結果論かもしれませんが、たらればの世界でもありますね。

大口で失敗しないためには少ない数量の売買を繰り返して、何をどうしたらいいのかを肌で感じていくことが大切です。人から聞いて理解したことと、実際自分でやって覚えることは天と地ほどの差があります。取引は回数をこなして、徐々に色んなことに気づきます。モナコインが安いから失敗してもいいや、ではなく勝つためには売りタイミングを自分なりに覚えておくことが未来に繋がります。