外国為替証拠金取引と株取引の違いを理解する。

外国為替証拠金取引と株取引の違いを理解する。

外国為替証拠金取引と株取引の違いを理解する。

 

投資というものに、これが一番だ、と言い切れるものはないと言えます。どの投資でも、法的に問題がないのであれば、それはいい投資と言える。ただ、これは人によって価値観が違いますから、当然のことですが、好みも違ってくるものです。その投資のメリットに共感できれば、それを始めればいい。ただ、誰が考えてもこのメリットは美味しい、と思えるような投資もあるのは確かです。たとえば、FX。今はものすごい人気ですね。その人気の理由は、おそらく他にはないような利点が詰まっているからなのでしょう。

 

FX取引で利益を出す方法は、簡単に言ってしまえば、通貨が安いときに買って、高くなったら売る、これなのですね。通貨はいつも変動していますから、それを見越して手を打つ。これがFX取引の醍醐味です。ようするに売買のタイミングですね、これが大切。なんか株取引に似てるじゃないか、と思われるかもしれませんが、FX取引には株取引にはないメリットも多く存在するのです。たとえば、株は安いときに買って高いときに売る、これが常識ですね。いや、常識というよりも、こうするしか利益を出すことができない。

 

ですから、もしも株価が果てしなく下がり、上がる兆しがまったく見えないとき、売買のチャンスが失われ、利益を出すことができませんね。こうなったら、もう、お手上げです。これは株取引のデメリットに相当するのではないでしょうか。だけど、FX取引違います。世の中で為替が変動している限り、いつでも利益を出すことができるのですね。ここが株取引と大きく違う点です。

 

さらに株には膨大な銘柄が存在しています。その星の数ほどある株の中から選ばないといけない。それも有望な株を見つけなければならないのですから大変です。でも、FXの場合は主要通貨は限られていますから、選ぶのも比較的にラクですね。なんだか株取引の難しいところばかりを述べてしまったけれど、これはなにもFX取引が株取引よりも勝っているというわけではありません。株は昔から人気の投資ですから、その魅力は計り知れませんね。